水曜日, 7月 18, 2018

20180718_ルカ21

■ 12しかし、これらのすべてのことの前に、人々はあなたがたを捕らえて迫害し、会堂や牢に引き渡し、わたしの名のために、あなたがたを王たちや総督たちの前に引き出すでしょう。
13それはあなたがたのあかしをする機会となります。
18しかし、あなたがたの髪の毛一筋も失われることはありません。
19あなたがたは、忍耐によって、自分のいのちを勝ち取ることができます。
★キリストによって語られた世の終わりの一こまです。キリストの再臨の前に起こる艱難時代の中を教会は通るのです。それはたとえその中を通っても、あなたの髪の毛一筋も失われることがないことによって、証しの機会を神様があなたにくださるためです。出エジプトの時、エジプト全土に臨んだ災いの中でもイスラエルの上には光があった時も、ダニエルの3人の友が熱さが7倍の炉に投げ入れられた時も同様です。あなたが神様の祝福を受け継ぐアブラハムの子として召されたからです。さあ、胸を張りましょう。"わざわいは、あなたにふりかからず、えやみも、あなたの天幕に近づかない。"詩篇91篇10節と主は約束してくださいました。この主に信頼し、一日を始めましょう。今日も一日いい日ですよ。

火曜日, 7月 17, 2018

20180717_ルカ20

■ 2イエスに言った。「何の権威によって、これらのことをしておられるのですか。あなたにその権威を授けたのはだれですか。それを言ってください。」
3そこで答えて言われた。「わたしも一言尋ねますから、それに答えなさい。

★世は隠れた動機を持って神の子たちに近づきます。時にその動機の中には人を利用しよう、陥れようとの動機が潜んでいることも。しかし主はそれを見抜かれ退けられるお方です。感謝しましょう。あなたの内にはこのお方がいてくださいます。さあ、試みに気づかせてくださる主に信頼し、一日を始めましょう。今日も一日いい日ですよ。

月曜日, 7月 16, 2018

20180716_ルカ19

■ 12それで、イエスはこう言われた。「ある身分の高い人が、遠い国に行った。王位を受けて帰るためであった。
13彼は自分の十人のしもべを呼んで、十ミナを与え、彼らに言った。『私が帰るまで、これで商売しなさい。』
16さて、最初の者が現れて言った。『ご主人さま。あなたの一ミナで、十ミナをもうけました。』
17主人は彼に言った。『よくやった。良いしもべだ。あなたはほんの小さな事にも忠実だったから、十の町を支配する者になりなさい。』
★同じ様な譬えですがマタイ25章にはタラントの喩えが紹介されています。違いはしもべたちが主人から託された額でマタイは5・2・1タラント。それに比べ、ここでは各自それぞれ1ミナでした。結果はマタイと同様10ミナ儲けた者、5ミナ儲けた者、地に隠した者になりました。マタイは自分に託された額が人と比べて少ない事に憤りましたが、ここでは自分が人と同じである事に憤慨したのでしょうか。何と人とは難しい者でしょう。にもかかわら私たちは神様の恵みによって、どんな中でも主を喜び、主に感謝と忠実をささげる事の出来るものとなりました。イエス様が払ってくださった犠牲と愛の大きさ故です。あなたは愛されています。さあ、今朝も胸いっぱいに主の愛を受け始めましょう。今日も一日いい日ですよ。

日曜日, 7月 15, 2018

20180715_ルカ18

■ 1いつでも祈るべきであり、失望してはならないことを教えるために、イエスは彼らにたとえを話された。
8あなたがたに言いますが、神は、すみやかに彼らのために正しいさばきをしてくださいます。しかし、人の子が来たとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか。」
★なぜ主が不正な裁判官の喩えを話をしたか、その理由が紹介された箇所です。世の終わりが近づくにつれて人は望みをいだき難く、神様から離れさせる誘惑が多くなることを主はご存知だったからです。それだけ主はあなたのことを心に留め愛しておられます。さあ暑い日となりそうですが憂いを祈りに変え、主への信仰と感謝を持って始めましょう。今日も一日いい日ですよ。

土曜日, 7月 14, 2018

20180714_ルカ17

■ 20さて、神の国はいつ来るのか、とパリサイ人たちに尋ねられたとき、イエスは答えて言われた。「神の国は、人の目で認められるようにして来るものではありません。
21『そら、ここにある』とか、『あそこにある』とか言えるようなものではありません。いいですか。神の国は、あなたがたのただ中にあるのです。」
★「神の国」とは「神の支配・統治の及ぶところ」との意味です。あなたのただ中に「神の国」が誕生したのは主権者であられる父なる神様の心を理解し、救い主キリストを受け入れられたからです。主の祈りで「御国」(神の国・神の支配)を来たらせ給えと祈ることは重要です。あなたの内に始められた御国が、あなたとあなたの家族との間に、あなたとあなたの友との間に広がることを父なる神様はどれほど喜ばれることでしょう。そこがまさに天国です。主はその延長線上に御国(神の国)を完全な形で完成される為に再び来られます(再臨)。あなたの目の涙を拭い、あなたに命の冠を授け、あなたを喜ぶ為に!さあ感謝を持って始めましょう。今日も一日いい日ですよ。

金曜日, 7月 13, 2018

20180713_ルカ16

■ 29しかしアブラハムは言った。『彼らには、モーセと預言者があります。その言うことを聞くべきです。』
30彼は言った。『いいえ、父アブラハム。もし、だれかが死んだ者の中から彼らのところに行ってやったら、彼らは悔い改めるに違いありません。』
31アブラハムは彼に言った。『もしモーセと預言者との教えに耳を傾けないのなら、たといだれかが死人の中から生き返っても、彼らは聞き入れはしない。』」
★「モーセと預言者」とは旧約聖書を指しています。モーセは律法の中で絶えず貧しい人の世話をするようにと語っています。それに聞き従えないのならとの意味です。死人の中から確かに蘇られた方がありました。しかしここで主が語られた通り宗教指導者たちは信じることができませんでした。信じさせていただけた恵みを感謝しましょう。

木曜日, 7月 12, 2018

20180712_ルカ15

■ 29しかし兄は父にこう言った。『ご覧なさい。長年の間、私はお父さんに仕え、戒めを破ったことは一度もありません。その私には、友だちと楽しめと言って、子山羊一匹下さったことがありません。
30それなのに、遊女におぼれてあなたの身代を食いつぶして帰って来たこのあなたの息子のためには、肥えた子牛をほふらせなさったのですか。』
★父よりも上の立場に立ち、「私の弟」とは呼ばず「あなたの息子」と呼ぶ兄の姿は自分の「こうあるべき」に縛られた人の姿です。神様よりも自分を高くし、自分を裁き人にする事があってはなりません。神様のあなたに向けた祝福がジャジャ漏れになってしまいます。